角栄で釣られる、の巻

おじさま「お嬢さん、名刺を受け取ってもらえないかな?」

百貨店で、おじさまに声をかけられた。

現在職探し中だし、名刺だけでも受け取っておこうと思い、

名刺を受け取るだけなら。

と答えた。

おじさま「お嬢さんは結婚していらっしゃるの?」

しておりません。

おじさま「なんでまた?!!!!」

まあ色々。

おじさま「お嬢さん、ロッキード事件知ってますでしょ?」

もちろん。

おじさま「田中角栄はね、自分で自分の首を締めてしまったんです。」

こういう類の話が大好きなあずきちゃんは、耳を傾けた。

おじさま「 角栄は、”これからはアラブ諸国と仲良くしなければいけない。”って言ったんですよ。」

おじさま「でもアメリカはイスラエルを支持していたでしょう? 日本がアラブ諸国と仲良くするようになったら、アメリカとしては面白くない。」

おじさま「だから、角栄のアラブ支持がアメリカの逆鱗に触れてしまって…   
角栄はアメリカにハメられてしまったんですよ。」


出典:25万部突破の『田中角栄 100の言葉』、今もっとも売れる政治家本に

 

おじさま「じゃあお嬢さん、中国の薄熙来(はく きらい)は知ってます?」

どういう漢字ですか?

おじさま「”薄い” と書いて、”はく” と読むんですけどね。」

ちょっとわからないです。

おじさま「△※✖︎♢;〜☆※〜」

あずきちゃんには話が難し過ぎて、” 習近平は薄熙来のことが大嫌い “ということしか聞き取れなかった。

おじさま「このようにね、誰しもね第三者に知られてはいけないことがあるんですよ。秘密にしないと。」

おじさま「いくら払えばあなたと会えるでしょうか? 私とあなただけの秘密で。秘密の関係です。」

あれ?名刺をくださるだけではないんですねw

おじさま「パパ活は興味ないですか?」

ないです。

おじさま「あなたの提示する金額お支払いしますよ。」

間に合っているので結構です。

おじさま「純粋だな〜。」

ええ、純粋なんです。
では、失礼します。

てか、純粋もなにも…

生理的に無理ですから!!!!!

それに、おじさまもあずきちゃんがマスクを外したら衝撃受けると思うよ。


出典:妖怪大図鑑 其の百弐拾壱〜口裂け女

あずきちゃんはその日、「絶賛パパ活中」の男女を何組も見た。

だって明らか女の子は高校生や大学生だし、おじさんが女の子の洋服を一緒に選んでるんだもん。

あのボディタッチの仕方とか見ても、父親ではない。

汗水垂らして稼いだお金を、女の子を買うために使って情けなくないのかな?

自分の子ども、もしくは孫世代の女の子に。

女も女で金のために自分を売って、情けなくないの?

てか、パパ活ってなんだよ。

援助交際だろうが。

コロナ禍にも関わらず、堂々と活動していらっしゃってすごいわ。

あずきちゃんに声かけてきたおじさまは、やたらと「秘密」という言葉を繰り返していた。

今年の漢字が『密』になるくらい、黒い秘密で社会は溢れている。


出典:今年の漢字 鬼「滅」じゃなくて「密」 毎日新聞

自分に不利になることは権力の力、お金の力で秘密を貫き通し、まるでなかったことかのようにされる。

でもね、いくら人には秘密を貫き通せたとしても、神様にはそれは通用しないよ。

<悪側、サタンとそちらに属した者たち>は「悪の行為と制度」を「善」と見なす。
<悪>に属して生きて<悪の法>を行なったので、自分の行為を「功績」と見なし、「善」と見なす。

<自分側>は、「不法」も自分の主観どおりに「正しいこと」と見なす。
ただ<神様>が判断してこそ完全だ。

<人間の行ない>が「言葉」になって神様の耳に聞こえる

2016年10月26日水曜日の御言葉

社会カテゴリの最新記事