CECIL McBEEにまつわるエピソード、の巻

CECIL McBEE、渋谷109含む全43店閉店へ-朝日新聞

CECIL McBEEはあずきちゃんが中高生の時好きだったアパレルブランド。


出典:CECIL McBEE

CECIL McBEEといえば。。。

中学生の頃、友達とお買い物へ行き、あずきちゃんはCECILで服を見ていた。

サラリーマン「すみません、◯◯ちゃんかな?」

いえ、違います。

サラリーマン「ごめんね、ここで女の子と待ち合わせしてて… 人違いだったね。」

あずきちゃんは、察した。

この人絶対、援助交際相手と待ち合わせしてるな。

だって、その女の子もあずきちゃんと同じくらいの年齢ってことでしょ?!

都会って恐ろしい…

当時、「援助交際相手を殺害」という事件がよくニュースで流れていたし怖かった。

田舎の中学に通うあずきちゃんは、世の闇というものを肌で実際に感じた日でもあった。

あれから約10年が経ち、あずきちゃんは友達に連れられてある場所に行った。

高級出会いカフェ。

友達「お茶するだけで5000円もらえるの。」

お茶だけで5000円とかすご!

正直、あずきちゃんはどういうシステムかよくわからなかったけど、スタッフがあるおじさまを紹介してくれ、そのおじさまと近くのカフェに入った。

「あずきちゃん?!
    久しぶり〜」

まさかこんな時に知り合いに会うとは…

あずきちゃんは、おじさまといるところをCECIL McBEEでショップ店員として働いている友達に目撃されてしまった。

私の上司。

と、おじさまのことを友達に紹介した。

あずきちゃんが利用した高級出会いカフェは、医者や弁護士、経営者などの男性が登録していて、年齢も50代以上がほとんど。

でも一般的な出会いカフェは、男女別々の部屋に案内され、マジックミラーなどを通して男性が好みの相手を探し、気になった相手がいたら別個室で二人で話すことができる。

そして、お互いの気が合えば、お店を出て外出デート。

しかも高級出会いカフェに比べて料金が安いから男性の年齢層も20代〜と幅広い。

※お店の外でトラブルがあっても、お店は一切責任を負ってくれません。

表向きは 「男女の出会いを提供している店」と謳ってるけど、実際は援交相手を見つける場だと思う。

男性の目的は身体。
女の子の目的はお金。

まさか実際にそういう場所へ足を踏み入れるなんて、中学生の時のあずきちゃんは想像もしていなかった。

でも、あずきちゃんがお茶したおじさまは本当に紳士な方で、本当にお茶だけで済んでます。

そういえば、最近は「援交」じゃなくて「パパ活」って言うんだよね?

「パパ活」って聞こえはソフトだけど実際「援交」も「パパ活」も一緒だと思うんだけど。

しかも「ママ活」っていうのもあるから、恐ろしい。

CECIL閉店とは全く関係のない、あずきちゃんのCECILにまつわるエピソードでした。

生まれるときから羊として生まれ、ヤギとして生まれたのではない。
ヤギと羊の中間で生まれた。自分の生き方によってヤギにもなり、羊にもなる。

2012年3月29日木曜日の明け方の箴言

人間は「心と考え」で生きる。
決心し、考えたとおりに「体」が行く。

2014年11月27日木曜日明け方の箴言

つれづれカテゴリの最新記事