愛の表現の巻

あずきちゃんのお友達のBarbieちゃん(※日本人)はカナダ人のKenと国際結婚をした。

出典:fanpop

今回はBarbieちゃんの両親Barbieちゃん夫妻を訪ねた時の話。

【At the Airport】

BarbieちゃんKenご両親が到着ゲートから出てくるのを待っていた。

お母さーん、お父さーん!ここだよ〜。

久しぶり〜! 元気だった?

出典:Twitter

感動的な再会。

しかしKenの様子がなぜかおかしい。

出典:Barbie Blog


BarbieちゃんKenが二人きりになったときに、

全部英語に通訳出来なくてごめんね。だから元気ないの?

違う。

出典:npr

じゃあ何で元気ないの?

・・・ねぇ、幼少期にご両親と問題でもあった?

どういうこと?

君たちの愛の薄さを見て、ショックを受けたんだ。

何の話をしてるの?

久しぶりの再会をしたのに何でハグもキスもしなかったの?

日本ではそれが普通だよ。

???

ハグもキスもする文化じゃないよ。

家族とも?!

うん。

それじゃあ…愛を感じないじゃないか。

ハグやキスをしなくても心で繋がってるから、愛は感じるよ。

Oh My Gosh…
日本ってそういう国なんだ…

日本ではハグやキスの文化がないから、Barbieちゃんのような家庭が一般的かもしれない。

でも、空港でハグしてお別れする光景もよく見るから、皆無なわけでもない。

それにあずきちゃんも普段はしないけど、海外に行く時や帰国のときには必ず家族とハグをする。

でも普段しないから照れくさいんだけどね。

Barbieちゃんが言うように、ハグをしないからって愛がないってわけではない。

でも日本人はシャイだから、愛情表現が割と苦手だと思う。

まさに、昭和時代のお父さんが象徴的。

寡黙で厳格で、子育ては女性に任せっきりで子供には無関心。っていうのがあずきちゃんがイメージする昭和のお父さん像。

出典:NHK放送史

(※あくまであずきちゃんのイメージだからね。)

だからと言って、お父さんは奥さんのことも子供のことも愛してないわけではない。

でも表現が乏しいから誤解をされてしまうこともあったと思う。

やっぱり誤解を与えないためにも表現することって大事。

神様と聖霊様と御子は「伝える目的」に合わせて話される。だから千層万層九万層に多様に表現なさる。また「万物」でも見せて、錯誤がないように行なわれる。

2016年12月30日金曜日の明け方の箴言

ThrirteenさんがTwitterに載せてた、アメリカの幼稚園?小学校?の先生と子供たちの挨拶動画。

①ハグ

②握手

③ハイタッチ

④拳と拳で挨拶

子供は先生と挨拶したい方法を上記①〜④の中から選んで、先生がそれに応じている。なんかいいな〜

⇧なぜか動画が見れなくなっちゃったので、子供同士のバージョンをどうぞ。

つれづれカテゴリの最新記事