飲みニケーション、の巻

田村淳のNews CLUBで、「フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか」の著書 堀内都喜子さんがゲストだった。


出典:Yahoo ショッピング

あずきちゃんは仕事で北欧地域を担当しているから、興味深く聞いた。

3年連続幸福度1位のフィンランド。


出典:Wikipedia

どういう基準で幸福度を計っているかというと、

あなたの人生は思い描いてる理想と比べてどうですか?

という質問に対して。

(と、堀内さんはラジオで仰っていたけれど、ネットには以下のように記載されていた。)

この国際的調査は世界の156か国が対象となり2012年から毎年行われていますが、WHO-HPQ日本語版と同様にキャントリルラダーCantril ladderと呼ばれる11件法を用いて主観的な幸福度を調査するとともに、1) 一人当たり国内総生産(GDP)、2) 社会保障制度などの社会的支援、3) 健康寿命、4) 人生の自由度、5)他者への寛容さ、6) 国への信頼度 の6項目を加味して順位付けし、世界ランキングを公表しているものです。

参考:産業精神保険研究機構

「あなたの人生は思い描いている理想と比べてどうですか?」という質問だと、あずきちゃんはNOだな。
だって、” 国際結婚して海外に永住する” ことがあずきちゃんの思い描いていた理想だもん。

ちなみに日本は2018年54位、2019年58位、2020年62位。

堀内さんは「フィンランドは歓送迎会もコーヒー。(終業時間内で済ませる)」と話していた。


出典:ムーミン公式サイト

あずきちゃんは、仕事の行事や集まりが本当に好きじゃない。

大人数の場が超絶苦手。

そして無駄なことに時間とお金をかけたくないタイプ。

新卒で入った会社は、社会人1年目ということで歓送迎会や社員旅行に嫌々ながらも参加した。

転職後の職場ではたま〜に参加する程度。

もしくは、参加したとしても途中参加だったり。
(当時、あずきちゃんは仕事を掛け持ちしていたからね。)

ある年の忘年会、あずきちゃんは予定があり参加しなかった。

すると同僚から連絡が来た。

「◯◯先輩が、あずきちゃんはああいう顔して腹が黒い。って言ってたよ。」

「付き合いが悪い。って。」

「あずきちゃんのこと悪く言われて、腹が立ったし、雰囲気も悪かったから私 途中で抜けた。」

なぜ日本は、職場の飲み会は半強制的なのだろうか。

飲み会ではビール瓶を持って、上司の元を回らないといけない。

でもって、食事を取り分けるのは大体女性の仕事。

めんどくせぇぇぇ。

この国にはみニケーションという言葉がある。

アルコール入った方が本音で話せるって言うけど、お酒に頼らないと築けない関係なんて、本物の関係じゃないよね。

あずきちゃんは、仕事の飲み会は無駄としか思えない。

行きたい人、仲の良い人だけで行けばいいじゃん派。

反強制参加な日本とは逆でフィンランドでは、「仕事終わりにわざわざ集まる必要はないじゃないか」という考え方で、プライベートの時間を尊重する。

残業することも良いとは思ってないらしい。

     

これはフィンランドではなくドイツでの体験談だけど、、、

あずきちゃんは手続きのために役所へ行って受付を済ませ1時間以上待っていた。

もうすぐあずきちゃんの番という時、

「今日は終わりよ。帰って。」

役所の終業時間になり、待っている人がいるにも関わらず一方的に閉められた。

日本の役所に慣れているあずきちゃんの目は点。

事前に「今日はあなたの手続き出来そうにないわ」くらい一言言ってくれればよかったのに…

定時で帰れるのは働く側にとっては良いけれど、利用者目線で言えば不便でもある。

※残業をする人ももちろんいます。

よく海外と日本を比較して、「海外はこんなにも優れている」と言われることが多い。

だけど、デメリットもあるということも理解しないといけない。

ただ、あずきちゃんは固定観念に囚われたくないし、仕事の行事や集まりが嫌いな人間だから、欧米スタイルには惹かれるんだな〜。

<古いもの>を葬ってこそ、<新しいもの>を得る。

2017年5月20日土曜日の明け方の箴言

つれづれカテゴリの最新記事