借金の呪縛からの開放、の巻

借金の呪縛からの開放、の巻

他のブログで2016年に書いた記事なんだけど、少し手直ししたため再び投稿します。
※2016年のものなので内容は古いです。

報告します。
 
わたくし、あずきちゃん
 

遂に!!!

借金の呪縛から解放されました。
 

母ちゃんを通して天が働いてくれた。

2013年の3月16日

「仕事を昨日で退職しました。

国は信用できない。

男に頼った生き方をしたくない。

だから自分で稼ぐ力をつけて家族を守る。

家族からの経済支援は求めないし、全て一人でやっていく。

だから私は家を出ます。

今までありがとう。」

と置き手紙をしてあずきちゃんは家出をした。

(※この頃はまだあずきちゃんは信仰を持ってません)

潔く親元を去ったにも関わらず、その後あずきちゃんは人に騙され借金をしてしまった。

だから口が裂けても、借金をしていることを家族には言うつもりなかった。

絶対に家族には迷惑かけたくないから、墓場まで持って行くつもりでいた。

が、

神様の考えは違ったのだ。

2016年2月

あずきちゃんは母ちゃんと温泉旅行に出かけた。

あずきちゃん、そろそろドイツに行ってきたら?

あずきちゃんは子どもの頃から、海外に永住することが夢だった。

家出をしたのも、起業したかったのも結局は海外移住という夢のため。

それなのに一向にあずきちゃんは海外に行かないから、母ちゃんは少し心配していたよう。

まだまだ先かな。

そんなこと言っていたら、いつまでも行けないよ。

だってまだ貯金貯まってないし…

行く気はあるの?

もちろん。

じゃあ来年行ってこればいいじゃん。

これ以上、黙っていられない状況に。。。

実は、あるビジネスで失敗して借金を作ってしまったんだ。

だから、貯金もないの。

なんで今まで言ってくれなかったの。

お母さんに相談してくれればよかったのに。
夢を叶えたい一心で、手を出してしまったんだね。

でも、命が無事で良かった。話してくれてありがとう。

100%雷が落ちると思ったのに。。。

なぜなら小さい頃から、
「消費者金融には手を出しちゃだめ。
ヤクザが取り立てに来て、海に流される。」
と教えられてきたから。

お金、お母さんが貸してあげる。
50年、100年、200年経ってもいいから、絶対返すんだよ。

ドイツに行くお金も出してあげるから行っておいで。

ガチでキレられると思ったのに、まさかの展開。

もちろんこれまで法律事務所などにも相談に行った。

結果は、

家族からお金を借りて返す。
          OR

自己破産する。の2択。

まあそうだよね。

騙されたとは言え、借金したのは自業自得だし。

でも、一生懸命働いてお給料を貰っても生活費と返済に消えていき、自分の口座にお金もないし、辛くて仕方なかった。

だからあずきちゃんは神様に願い求め続けた。

「本当に自業自得なんですが、借金のせいで辛いです。」

とうとう、その祈りが遂に神様に聞き入れられた。

しかも、母ちゃんを通して借金返済に加えドイツ留学の夢が叶えられた。

これは、鄭明析先生が「みんなの経済のためにお祈りしてる」と言っていた直後の出来事。

鄭明析先生の祈りによって、あずきちゃんは借金地獄から開放された。

また、あずきちゃんのためにお祈りしてくださった方々、本当にありがとうございました。

以上、キリスト教福音宣教会のあずきちゃんでした。 Tschüss

つれづれカテゴリの最新記事