正しく知る、の巻

天気予報で、

今年は平年より暑いです。

平年より花粉が多いです。

と聞くけど、、、

毎年、「今年は平年より花粉が多いです」って言ってね?

毎年花粉の量が増えてるってこと?

昨日、TBSラジオを聞いていたらパーソナリティの有馬隼人さんが

“平年”とは過去30年間の平均値のことです。
10年ごとに更新されるんですが、今年言われている”平年”とは1981~2010年の30年間の平均値を基にされてます。
来年は更新の時期で、来年から使われる”平年”の基準は1991年〜2020年の平均値です。

と言っていた。

目からうろこ〜

これって一般常識なのかな?

あずきちゃんがただ知らなかっただけなのかな?

ちなみに、「例年」という言葉も気になってググってみたところ、

例年とは、いつもの年という意味だそう。

知るって面白い。

例えていうならば、脱皮をする感じ。

だって知って聞くのと、知らずに聞くのって全然違うんだもん。

以下、あずきちゃんがググったサイト。ご参考までに。

例年並・平年並みの意味の違いとは?気温や日数が地域によって使い分けられている!

あずきちゃんはもともと神様を信じていた。

だから抵抗なく聖書も学び始められたわけですよ。

でも、

「イエス様は雲に乗って再び来る」

「パン5つと2匹の魚を5000人に分け与えた」

とか、ありもしないことを説いてるのがキリスト教というイメージはあった。

真に受けやすいあずきちゃんでもさすがに、おとぎ話じゃあるまいし、疑わずに信じることなんて出来ない。

当時25才だったし、

「イエス様は再び雲に乗ってやって来るぞ〜」

と言われて、

「は〜い!あずきちゃん、信じます。」

ってならないでしょ。

でも、知ってしまった。

聖書は比喩で書かれている、ということを。。。

比喩で書かれてるから嘘八百に思えてしまうのであって、比喩の意味がわかると全然嘘八百でもなく、真理すぎて反論出来ない。

正しく知れてよかった。

<聖書>を正しく解いて行なってこそ、神様が約束なさったので、それに対する対価を受け、祝福を受ける。

「無理矢理」に解くということは「無知」で解くということだ。事実はそうでないのに「全く違う内容」に解くということだ。

2015年7月1日水曜日明け方の箴言

つれづれカテゴリの最新記事