松尾芭蕉は忍者?、の巻

日付が変わってしまったけど、、、

5月16日は松尾芭蕉が奥の細道の旅へ旅立った日、にちなんで、

旅の日と制定されている。

芭蕉が奥の細道の旅に繰り出したのは46歳のとき。


出典:wikipedia

その旅の移動距離は約2400km

総日程数、約150日

現代のように交通手段が整っていない時代に、約2400kmをたった約150日で歩くのは信じがたい。

よって、芭蕉は忍者だったのではないかとも言われている。


出典:ミドルエッジ

松尾芭蕉の出身も忍者の町、三重県伊賀市だしね。


出典:伊賀市の公式観光サイト

まあ、真相はわからないけど。

”松尾芭蕉が約150日間で約2400kmも歩いた” に、似たような?表記が聖書にもある。

アダムの生きた年は合わせて九百三十歳であった。

創世記5:5

医療が発達している現代でも100歳超えて生きることさえ難しいのに、930歳なんてありえんでしょ。

約6000年も前の話だよ。

これについて、鄭明析先生が謎を解いてくれた。

その当時の時の計算法。

1ヶ月を1年として計算をした。まだカレンダーがない時代。
どういうふうにして決めたかというと、月。大きくなって、また短くなるでしょ? 新月から満月まで、満月から新月まで30日でしょ? その30日を1年として計算したのだ。

2007年12月2日 主日の御言葉

これを基に計算したら、、、

930=930ヶ月と考える。

930÷12=77.5

つまり77歳まで生きたということ。

当時の時代背景まで考えて聖書を読まなければならない。

そうじゃなきゃ、信じたくても信じるに難しいことが聖書に書かれてるんだもん。

そう考えると、やはり松尾芭蕉は忍者だったのだろうか。

ここだけの話、あずきちゃんが転職活動中、忍者の仕事に本気で応募しようとしたことがある。
でも福利厚生がよくなくて諦めた。

つれづれカテゴリの最新記事