ウサギとカメ、の巻

出典:amazon

誰もが知ってるウサギとカメのお話。

このウサギとカメから学べる教訓は、

過信(自信過剰)して思い上がり油断をすると物事を逃してしまう。 また、能力が弱く、歩みが遅くとも、脇道にそれず、着実に真っ直ぐ進むことで、最終的に大きな成果を得ることができる。

出典:wikipedia

ということ。

あずきちゃんもWikipediaに書いてあることと同じように、この物語を解釈していた。

しかし

最近、あかしゆかさんの記事と出会った。

この寓話は、「ウサギとカメが”どこを見て”走っているのか」がポイントなんだよ、と祖父は言った。

ウサギは競争相手であるカメばかりに気を取られ、「ゴール」を全然見ていない。ゴールを見て、そこに辿りつくために走っているならば、ウサギは休まずにゴールを目指して努力するはず。

けれどウサギが見ているのは自分の競争相手であるカメなので、そのカメが走るのが遅いから、つい「まだ大丈夫だ」と思ってサボってしまうのである、と。

一方カメは、「ゴール」を見て走っている。ウサギが速いからといって焦るわけでもなく、ウサギが寝たからといって自分のペースを変えるわけでもなく、自分がゴールをするために、努力をして走ってる。だから止まらないんだ、と。

ウサギは他人を基準に生きていて、カメは自分の目標を基準に生きている。その「生き方の違い」がこの寓話の解釈の本質だと思っているのだ、と祖父は言った。

ウサギの生き方になっちゃダメだよ、と祖父は続けた。誰かがゆっくり走っているから余裕だと思ってサボったり、また、誰かが速いからと言って自分が焦ってしまったり、そうやって、「他人を見て」走って生きるのはダメだよ、と。

カメのように、ゴールを見据え、ゆっくりでもいいから周りのことは気にせずに、マイペースで頑張ったらいいんだから。そうやって努力していると、きっと誰かが見てるんだから、少なくともおじいちゃんは見てるから、と言う祖父の言葉に、思わず涙腺が緩んだ。

出典:「ウサギとカメ」の解釈から思うこと

 

なるほどなー。

”どこを見て走るか。”

人間って少なくとも周りの人や環境の影響を受けてしまうから、最初は目的に向かって走っていても、いつの間にか目的から外れてしまっているということもある。

たとえば、夜の仕事。


出典:桃華絵里オフィシャルブログ

(この頃のモモエリ、大好きやったなー)

キャバ嬢に憧れて始める子も多いけど、学費や生活費、ローン返済のために始める子も多い。

「〜万円貯めたら辞める」と強い信念を持って始める子は、目標を達成したらスパッと辞めるし、たとえナンバーワンだったとしてもあっさりと辞める。

でも大半は、一度夜の仕事を始めちゃうと辞められないよね。

だって昼働くよりも時給良いんだもん。

学費やローン返済のために始めて、目標金額も達成したとしても結局辞めずに続けている子も多い。

だって稼げるもん。


出典:Instagrammernews

(この頃のさやかちゃん、モモエリちゃん、さくりなちゃんかわいい)

そのうちに周りの影響を受けるようになる。

この仕事は誘惑が特に多いから、強い信念を持ってないと人や環境の影響を必ず受ける。

まず金銭感覚が変わる。

周りの子がブランド物ばかり持っていて、裕福な暮らしをしていると、それを見て羨ましくなる。

ホスト通いする子も多いから、いつの間にか自分もホスト通いをするようになって、稼いだお金をホストに注ぎ込んでしまうことも。

あずきちゃんの知り合いは、生活費のためにキャバクラで働き始めた。

しかし、周りの子の影響でホストに通うようになってからホストにハマってしまい、今ではキャバ嬢を辞めて風俗で働いている。

その稼いだお金をホストに使うという。

その子は周りに影響を受け、ウサギになってしまったのだ。

キャバクラの仕事を否定したいわけじゃなくて、 “どこを見て走るか” によって顕著にウサギとカメに分かれる職業だと思ったから、例に挙げた。

だって本当に強い信念がないと周りの影響を受けてしまいやすい職業だもん。

「目的」を考えながら進んでいかなければならないのに、 自分の次元で生を考えて、存在の目的を失うから、 あなたたちの肉体を他のところに使い、 考えを他のところにとどまるようにさせる。

大変な理由がどこにあるのか。 まさしくあなたたちの目的を失ったからだ。

自分の価値と永遠に行くべき道をまことに知っている人は どんな困難も恐れず、どんな困難にも打ち勝ち、 目的を成そうとするその根本の力で 行くべき道を最後まで行く。

2016-09-28目的を失った生(せい)、目的を得た生

人間だから少なからず影響は受けてしまう。

でもウサギの結果にならないように、「自分は今、目的から外れてないか」と常に点検する必要がある。

点検すればするほど過ちを犯さず、 点検しなければしない分、過ちを頻繁に犯す。 

2016-05-14 分別と点検によって、過ちを犯さないようにしなさい 

つれづれカテゴリの最新記事